板金加工の一般的な機械

板金加工の工程では、形状や金属素材に適した専用の機械を使用します。

主には、切断や抜き加工、曲げ加工などの工程、さらにマーキングや彫刻などを施す専用の機械もあります。

また、板金素材の厚さや加工する形状によって、さまざまな機械を使い分けます。

その中でも、「タレットパンチプレス(タレパン)」と「プレスブレーキ」は一般的に使用される機械です。

タレットパンチプレス(タレパン)について

タレットパンチプレスは、プレス機器の中でも、特にアルミやステンレスなどの板金の打ち抜きに使用します。

タレットパンチプレス(英語: turret punch press)とは、プレス機械の一種。通称“タレパン”とも言われ、板金の打ち抜き加工によく用いられる。

引用元:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

プログラミングされたNC(数値制御)装置で、丸型や四角形など必要な金型を金型ホルダーから選択し、板金素材を打ち抜いて成形。

効率の良い大量生産が可能です。

タレットパンチプレスは、安定した精度で複雑な形状に対応します。

タレット内の金型を使用するので、専用の金型が不要。

また、人の作業は機械を遠隔で監視するだけなので、一人で複数台の操作ができるなど、人的コストの大幅な削減につながります。

 

プレスブレーキについて

プレスブレーキは、ベンダーやベンディグマシンとも呼ばれ、鋼板やアルミなど、比較的薄い金属素材の曲げ加工に使用します。

プレスブレーキの仕組みは、プレスする板金素材をダイとパンチで挟み上下の往復運動で圧力を加えることで、所定の形に曲げて成形します。

「機械式プレスブレーキ」と「油圧式プレスブレーキ」の2種類がありますが、機械式は油圧式と比べ扱いが難しいことから、一般的に「油圧式プレスブレーキ」が多く使われています。

形状は、「90°曲げ」「90°曲げ グースネック」「90°曲げ 直剣型」「90°曲げ 板厚用」「90°曲げ サッシ用」「R曲げ」などに対応します。