板金加工についてまとめ

板金加工に求められることは、さまざまな製品の部品を供給するための大量生産と、複雑な形状や精密な加工に対応する技術です。

手板金と機械板金

板金加工には、人の手作業で行う「手板金」と金型を使用して加工する「機械板金」があります。

手板金は、人の手による緻密な加工や試作品など小ロットに、一方、機械板金は、効率良く安定した品質で、単価が安く大量生産に適しているという特徴があり、それぞれ加工用途や特性に応じた専門性があります。

板金加工は、耐久性や防カビ性に優れたステンレスや軽量で加工しやすいアルミニウムなどをはじめ、さまざまな金属素材が使用され、「図面展開」「切断・抜き加工 」「前加工」「曲げ加工」「溶接加工」「仕上げ・表面加工」という流れで、各工程において専用の機械を使用し、加工精度や作業効率性を高めています。

板金加工は、家電製品の部品や自動車のボディをはじめ、パソコンなどの精密機器など、あらゆる産業においてニーズはますます拡大、板金加工の機械開発も進んでいます。

例えば、タレットパンチプレスは、プログラミングで数値制御する抜き加工技術、プレスブレーキは、加工が難しい薄い金属素材の曲げ加工に適応。

そのほかにも、切断や型抜き、曲げ加工、さらに2Dや3Dなど立体形状の加工など、機械の進歩によって複雑な加工や製造スピードアップを可能にしています。

また、金型業界におけるファインブランキングプレス技術への期待もあり、いっそう高度化する製造分野とともに、板金加工の技術も進化し続けています。