7.金属加工で求められる資格

金属加工で求められる資格

金属加工では、各工程において専門的な技術を要します。
ここでは、金属加工に必要な資格について紹介します。

機械加工技能士

機械加工技能士は、機械加工技術についての国家資格で、「普通旋盤」「立旋盤」「フライス盤」などの実技試験が行われます。
資格は、「特級」「1級」「2級」「3級」の4段階があり、受験にはそれぞれ級に定められた実務経験が必要です。

めっき技能士

めっき技能士は、めっき作業のための国家資格で、「電気めっき」「溶解亜鉛めっき」の実技試験が行われます。
資格は、「特級」「1級」「2級」「3級」の4段階があり、受験にはそれぞれ級に定められた実務経験が必要です。

溶接技能者

溶接技能者は、溶接に関する資格で、主に「ガス溶解技能者」「アーク溶解作業者」「アルミニウム溶解技能者」の3種類があります。
特に、溶接に関する資格は専門性が高く、溶接する素材や溶接方法によってさまざまな種類の資格があります。