金属加工を徹底解説

近年、日本のものづくりは、航空機の超大型部品加工、自動車部品の大量生産、さらに超小型・軽量化が進むIT機器やロボット開発分野にいたるまで、その製造技術は世界でもトップクラスといわれます。

そして、それを支えるのが、金属加工です。

金属加工の歴史は、紀元前4000年にもさかのぼり古代エジプト文明に始まったとされています。

ここでは、金属加工の歴史や技術の発展、金属素材の進化、さらに現代における加工方法について見ていきましょう。

金属加工には数千年以上の歴史があり、歴史的起源は様々な文化や文明に遡ることができる。金属加工は、太古の昔の金の発見とともに始まった、と考える人もいる。またその歴史は、さまざまな鉱石の精錬法の発見とともに展開したともされており、それで得られるようになった金属という材料の持つ可鍛性や延性などといった特性を活かしつつ、道具や装飾品などに加工してきた歴史である。現代では金属加工というのは、科学でもあり、技能でもあり、また趣味として行われる場合もあれば、産業として行われる場合もある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

MENU